隣の家族は青く見える 北村匠海(朔)と眞島(渉)がケンカに!? 4話あらすじ

2018年2月8日(木)にドラマ「隣の家族は青く見える」の4話が放送されました!

放送前から深田恭子さん、松山ケンイチさん、北村匠海さんなど豪華キャストということで

話題になっていたドラマですが、前回の放送が面白いと評判だったこともあり4話も期待でした。

【ドラマの概要】

コーポラティブハウス(居住者たちが作りあげる集合住宅)に住む五十嵐夫婦(深田恭子、松山ケンイチ)は、ここに引っ越してきたのを機に妊活を開始する。

だがなかなか上手くいかず、それをきっかけに家族関係にも影響が出始める。

コーポラティブハウスに住む現代の悩みを持つ夫婦、カップルたちが「隣の家族は青く見える」なかで、様々な問題に立ち向かっていく姿を描いていく。

そして、第4話では奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)が妊活の新たなステップへ!?

同性カップルの北村匠海(朔)と眞島(渉)の2人も価値観の違いからすれ違いが生じてしまうのであった・・・

スポンサーリンク

隣の家族は青く見える 4話 あらすじ

奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)が妊活の新たなステップへと進もうとしている矢先、大器の母・聡子(高畑淳子)が子宝グッズをもって訪ねてくる。

それをみて戸惑いとショックを隠せない奈々。

一方、同性カップルの北村匠海(朔)と眞島(渉)の2人も、

自分たちのセクシャリティを留美(橋本マナミ)へのカモフラージュで隠していることについて意見が衝突。

言い合いになり、価値観の違いからすれ違いが生じてしまう。

渉の言い分としては「今更隠してきた過去を簡単には変えられない」という。

そんな中、奈々の母である春枝(原日出子)が上京。部屋の子宝グッズに驚く。

奈々は春枝にすべてを打ち明けるのであった・・・

北村匠海(朔)と眞島(渉)はどうなる?

4話では、互いを想うあまり、気持ちが衝突してしまう北村匠海(朔)と眞島(渉)

マイノリティーゆえ、心の奥底では普通のカップルより思う気持ちは強いのではなかろうか。

朔が渉に留美(橋本マナミ)のことをいつまで騙すつもりなのかと言ったのも、

愛するが故の発言だろうと思う。

隣の家族は青く見える 主題歌、原作、キャスト、あらすじは?【2018年冬ドラマ】

隣の家族は青く見える 主題歌「here comes my love」がiTunesで配信開始!

ドラマ「隣の家族は青く見える」5話は2月15日(木)放送!!

隣の家族は青く見える 詳細 2018年冬ドラマ

・放送時間:フジテレビ 木曜22:00~

・放送日:2018年1月18日

・主演:深田恭子

・主題歌:Mr.children「here comes my love」

・ドラマの原作:なし。オリジナルストーリー

・企画制作:フジテレビ第一制作室

・脚本:中谷まゆみ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする