アンナチュラル 井浦新(中堂)の罪と闇が明らかに!? 5話あらすじ&視聴率

2018年2月9日(金)にドラマ「アンナチュラル」の5話が放送されました!

放送前から豪華キャストと「逃げ恥」の脚本家が手掛けるということで

話題になっていたドラマですが、第4話が好評価だったこともあり5話も期待でした。

【ドラマの概要】

unnatural・・・不自然な、異常な

こういった「アンナチュラル」な亡くなった人々の原因を特定する機関「UDIラボ」

UDIラボの法医学解剖医である三澄ミコト(石原さとみ)は、原因究明をアンナチュラルなままでは終わらせないがポリシー。

隠された謎を解き明かしていき、命と向き合う、ミステリードラマ!

スポンサーリンク

アンナチュラル 5話 あらすじ

坂本(飯尾和樹)が退職し、人材不足となったUDIラボで中堂(井浦新)がミコト班の手伝いをすることに。

そんな中UDIに、鈴木巧(泉澤祐希)という男が亡くなった妻を解剖してほしいと依頼があった。

警察は自ら命を絶ったと判断したため事件性が疑われることはなかった。

だが「妻がそんなことをするはずがない」と鈴木は言う。

解剖に取り掛かる三澄班だったが、葬儀屋の木林(竜星涼)がUDIラボにやって来て

「この遺体は葬儀場から持ち込んだものだ」と衝撃の事実が発覚する。

つまりこれは勝手に盗まれたものであり、ミコト(石原さとみ)は死体損壊罪に問われることになる。

ミコトはUDIを辞めなくてはいけないことになってしまうのか!?

果たして鈴木の目的はなんなのか?

アンナチュラル5話、注目です。

井浦新(中堂)の過去の闇とは?

3話の裁判回のときや、前回4話最後で恋人を解剖したことなど

明らかに闇に包まれた過去をもっている中堂系。

第5話では、その過去が少し明らかになりそうです。

「お前のしたことは消えない、裁きを受けろ」の文書からただ事ではないような気がしますが・・・

排他的で冷たい性格になった理由もこの過去にあるのかもしれませんね。

視聴率も良いみたいですし、ますます先が気になるドラマです。

アンナチュラル 主題歌、原作、キャスト、あらすじは?【2018年冬ドラマ】

アンナチュラル 窪田正孝(久部)の正体が判明!? 2話あらすじ&感想

アンナチュラル 詳細 2018年冬ドラマ

「unnatural」の意味・・・不自然な、異常な

・放送時間:TBS 金曜22:00~

・放送日:2018年1月12日

・主演:石原さとみ

・主題歌:米津玄師「Lemon」

・ドラマの原作:なし。オリジナルストーリー

・企画制作:TBS系

・脚本:野木亜紀子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント