【U-18野球日本代表2018】背番号の決め方の謎を解明!法則はある?

2018年の高校野球100回記念大会がこのあいだ終わりましたね。

大阪桐蔭が史上初、二度目の春夏連覇という形で幕を閉じました。

今年の夏の甲子園も金足農業・吉田投手をはじめとする

たくさんの注目選手が現れました。

夏の甲子園が終わると、次にあるのはアジアのナンバーワンを

決める大会「U18アジア選手権」です。

そして、2018年度U-18高校野球日本代表のメンバーも発表されました。

気になっている人も多いと思うのですが背番号について。

U-18高校野球日本代表「背番号」の決め方ってどうなってるの?

この記事では背番号の決め方の基準や法則について

調べたので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

U-18野球日本代表2018 背番号の決め方は?

まず、2018年度U-18高校野球日本代表のメンバー

ポジション、背番号を紹介します。

・投手

11 柿木蓮 大阪桐蔭(大阪)

13 板川佳矢 横浜(神奈川)

14 渡辺勇太朗 浦和学院(埼玉)

15 野尻幸輝 木更津総合(千葉)

16 吉田輝星 金足農業(秋田)

17 奥川恭伸 星稜(石川)

18 市川悠太 明徳義塾(高知)

19 山田龍聖 高岡商(富山)

・捕手 

10 小泉航平 大阪桐蔭(大阪)

22 根来龍真 常葉大菊川(静岡)

・内野手

1 中川卓也 大阪桐蔭(大阪) サード・ファースト

2 日置航 日大三(東京)ショート

5 根尾昂 大阪桐蔭(大坂)  ショート・ピッチャー・外野

7 小園海斗 報徳学園(兵庫)  ショート

8 奈良間大己 常葉大菊川(静岡) ショート

・外野手

21 蛭間拓哉 浦和学院(埼玉)  センター

24 峯圭汰 創成館(長崎)  センター

28 藤原恭大 大阪桐蔭(大阪)  センター

※ポジションはチーム内で主に守っているポジション

ショートとセンターが異常に多いのは

ショートは内野の要となる難しいポジションなので

守備が上手い人が守る傾向にあります。

センターも外野の真ん中という守備範囲の広さと

判断力が求められる難しいポジションになりますので

こちらも守備が上手い人が守る傾向にあります。

なので必然的にチームの実力者のポジションである

ショートとセンターが多いのでしょう。

高校野球 背番号の法則

高校野球には背番号の法則があります。一般的には、

スタメンの選手たちが若い番号になっていて

1 チームのエース投手

2 キャッチャー

3 ファースト

4 セカンド

5 サード

6 ショート

7 レフト

8 センター

9 ライト

そして、10番から18番までがスタメンではない控えの選手の

番号であることが主です。

U-18高校野球日本代表の背番号をポジション別にみると、

投手が11、13、14、15、16、17、18、19

捕手が10、22

内野手が1、2、5、7、8

外野手が21、24、28

この背番号から言えることは、

  1. 高校野球(甲子園)での背番号の決め方とは全く異なる
  2. 内野手が若い番号
  3. 規則的な順番ではなく「抜けている」番号がある

以上の3つがあげられます。

この理由として、高校野球(甲子園)での背番号は

ある程度の実力の序列が背番号で示されています。

だが、侍ジャパンU-18高校野球日本代表に選ばれる選手は

みんな「かなりの実力者」なので序列をつけることが難しいため

この不規則な背番号になったのでは?と考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、侍ジャパンU-18高校野球日本代表の

背番号の決め方の基準や法則について紹介しました。

【関連記事】

甲子園(福山雅治)の歌詞の意味は?CD化や京都橘についても紹介!

根来龍真(2018年ドラフト候補)の読み方や指名可能性、経歴は?

市川悠太のフォームがかっこいい!中日の又吉投手を参考にしたってほんと?

【2018】高校野球投手ランキング球速編!ドラフト候補で一番速いのは?

引地秀一郎の弟、引地健三も投手ってほんと?読み方や出身も紹介!

ここまでご覧になっていただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 【U-18野球日本代表2018】背番号の決め方の謎を解明!法則はある? […]

  2. […] 【U-18野球日本代表2018】背番号の決め方の謎を解明!法則はある? […]

  3. […] 【U-18野球日本代表2018】背番号の決め方の謎を解明!法則はある? […]