隣の家族は青く見える 6話あらすじ(ネタバレ)と感想! 奈々がクビに!?

2018年2月22日(木)にドラマ「隣の家族は青く見える」の6話が放送されました!

放送前から深田恭子さん、松山ケンイチさん、北村匠海さんなど豪華キャストということで

話題になっていたドラマですが、前回の放送が面白いと評判だったこともあり6話も期待でした。

【ドラマの概要】

コーポラティブハウス(居住者たちが作りあげる集合住宅)に住む五十嵐夫婦(深田恭子、松山ケンイチ)は、ここに引っ越してきたのを機に妊活を開始する。

だがなかなか上手くいかず、それをきっかけに家族関係にも影響が出始める。

コーポラティブハウスに住む現代の悩みを持つ夫婦、カップルたちが「隣の家族は青く見える」なかで、様々な問題に立ち向かっていく姿を描いていく。

そして、第6話では大器(松山ケンイチ)がうまくいかない妊活に流石に落ち込む。

そして奈々(深田恭子)がスキューバのインストラクターの仕事をクビに!?

ちひろと亮司の息子(和田庵)の関係もうまくいかず・・・

コーポラティブハウスの住人達はどうなる??

隣の家族は青く見える 6話、注目です!

スポンサーリンク

隣の家族は青く見える 6話 あらすじ ネタバレ

ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮司(平山浩行)の息子である亮太くん(和田庵)と上手くコミュニケーションが取れず、悩んでいた。

亮司から別れないでいてくれてありがとうと言われるが、亮太を溺愛しすぎる亮司に

不満が爆発。そのことを奈々と朔に愚痴る。

一方、朔は渉の母親が骨折したことをきっかけに渉の実家に行くことに。

関係を隠し、ごまかそうとする渉に悲しみと苛立ちを覚える朔。

これが原因でまた2人はすれ違ってしまうのであった。

最近、妊活のために仕事をセーブしてきた奈々だったが、遂に

「やる気が感じられないから、辞めてもらってもいい」と言われてしまう。

唐突な言葉に落ち込む奈々。

その一方で大器(松山ケンイチ)も悩んでいました。

居酒屋で職場の後輩に相談すると、真面目な夫婦はクライシスになりやすいから

ストレス発散が大切だと言われる。

そこで、大器は余っていたパンチングバッグを持ってきて、

ストレス解消のため奈々にそのバッグを殴らせる。

翌日、大器はあるマンションを訪れる。

チャイムを鳴らすとそこには女性が・・・

【隣の家族は青く見える 関連記事はこちら!】

隣の家族は青く見える 主題歌、原作、キャスト、あらすじは?【2018年冬ドラマ】

隣の家族は青く見える 主題歌「here comes my love」がiTunesで配信開始!

隣の家族は青く見える 北村匠海(朔)と眞島(渉)がケンカに!? 4話あらすじ

ドラマ 隣の家族は青く見える 5話あらすじ(ネタバレ)と感想

隣の家族は青く見える 6話感想

ドラマ「隣の家族は青く見える」7話は3月1日(木)放送!!

隣の家族は青く見える 詳細 2018年冬ドラマ

・放送時間:フジテレビ 木曜22:00~

・放送日:2018年1月18日

・主演:深田恭子

・主題歌:Mr.children「here comes my love」

・ドラマの原作:なし。オリジナルストーリー

・企画制作:フジテレビ第一制作室

・脚本:中谷まゆみ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする