トドメの接吻 7話あらすじ 門脇麦(宰子)の14回目のキスの相手は?

2018年2月11日(日)にドラマ「トドメの接吻」の6話が放送されました!

放送前から山崎賢人さん、門脇麦さん、菅田将暉さんなど豪華キャストということで

話題になっていたドラマですが、前回の放送が面白いと評判だったこともあり6話も期待でした。

【ドラマの概要】

「世の中、金と権力がすべて」

金と権力が大好きなNo.1ホストの旺太郎(山崎)が突如現れた謎の女にキスされてしまう。

キスで時間をタイムリープさせることの出来るその能力に旺太郎は注目。

金と権力を手に入れるためその「神の力」を使うオリジナルSFストーリー!

第6話では、長谷部を救うためタイムリープして旺太郎(山崎)がかけつけるが、

門脇麦(宰子)をかばい息絶えてしまう。

第7話では、門脇麦(宰子)が旺太郎(山崎)を救うため決死の覚悟である計画を・・

スポンサーリンク

トドメの接吻 7話 あらすじ

旺太郎(山崎)に助けられた長谷部は、尊氏(新田)が船の沈没事件の黒幕ではないかと思い始める。

そんな中で美尊は尊氏が長谷部に事件の件で詰め寄る場面を目撃、こんな状況で結婚を迫る尊氏に不信感を募らせる。

12年前の船の沈没事件の事件で旺太郎の弟である・光太のおかげで生き延びることが出来た

宰子は、光太が旺太郎の弟であることを知り自らの人生をかけて旺太郎に償うことを決意する。

旺太郎を生き返らそうとする宰子だが、その計画はあまりに危険なもので・・・

そして、宰子の懸命な努力により生き返った旺太郎は、

自分を襲撃した相手が尊氏の側近の布袋であることを突き止める。

なんとか布袋を言いくるめたかのように見えたが、実はそこには裏があり・・

同じころ、旺太郎の家の周りに怪しい人物が。

その人物は、旺太郎の実の父でどこにいるかもわからない堂島アキラだった!

一体彼の目的やいかに?

立場の危うくなってきた尊氏に、謎のミュージシャン、春海が現れ宰子の正体を告げ

去っていく。

宰子が陰で自分のことを支えてくれていたと知り、旺太郎の気持ちにも変化が!?

はたして宰子の14回目のキスの相手とは誰?

第7話も注目です!

トドメの接吻 主題歌は菅田将暉の新曲!キャスト、あらすじは?【2018年冬ドラマ】

トドメの接吻 詳細 2018年冬ドラマ

・放送時間:日本テレビ 日曜22:30~

・放送日:2018年1月7日

・主演:山崎賢人

・主題歌:菅田将暉「さよならエレジー」

・ドラマの原作:なし。オリジナルストーリー

・企画制作:日本テレビ系

・脚本:いずみ吉紘

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする