ドラマ「探偵が早すぎる」文庫本の感想と評価についてまとめてみた!

2018年7月19日(木)から放送がスタートする滝藤賢一さんと広瀬アリスさんの主演ドラマ

「探偵が早すぎる」が2018年夏ドラマとして放送されることが決定しました!

第51回メフィスト賞を受賞したミステリー作家、井上真偽さんの小説「探偵が早すぎる」が待望のドラマ化ということで話題になっています。

7月19日に第1話が放送予定

この記事では、気になっているであろうドラマ「探偵が早すぎる」の原作である

文庫本「探偵が早すぎる」の感想や評価について紹介していきたいと思います。

探偵が早すぎるってどんなドラマ?

【ドラマの概要】

第51回メフィスト賞を受賞したミステリー作家、井上真偽さんの小説「探偵が早すぎる」が待望のドラマ化!

資産家の父を持つ女子大生、十川一華(広瀬)が父の死をきっかけに

5兆円という莫大な遺産を引き継ぐことになる。

その結果、十川一華は父の親族から命を狙われてしまう。

探偵・千曲川(滝藤)は、一華を守るため彼の武器であるトリック返しで

事件を未然に防ぐため一華と共に奮闘する。

放送時間:読売テレビ、日本テレビ 木曜23:59から

キャスト:滝藤賢一、広瀬アリスetc・・

放送日:7月19日

原作:井上真偽/探偵が早すぎる(講談社タイガ)

脚本:宇田学

スポンサーリンク

探偵が早すぎる 文庫本の評価と感想を紹介

まず、ドラマ「探偵が早すぎる」の原作ですが、

井上真偽/探偵が早すぎる(講談社タイガ)という小説が原作になっています!

出典:Amazon

こちらは、上巻と下巻の2本立て。

井上真偽さんは第51回メフィスト賞を受賞したミステリー作家で

読者を引き込む展開には定評がある作家さんです。

こちらのミステリー小説の結末、みなさん気になりますよね?

購入するとなると、注目するのはその作品の評価や感想だと思います。

以下のページでは「探偵が早すぎる」の評価や感想について紹介します!

※ここから先のページは原作の感想、一部ネタバレを含みますので注意!

探偵が早すぎる 上巻の評価・感想

被害者が出る前に犯人(予定者)を私刑する必殺仕事人のような話。殺人を未然に防ぐとともに、殺人トリックを実行者本人にやり返すところが斬新で爽快。

出典:amazon

犯罪防御率100%、しかもなかなか姿を現さない探偵というのは斬新ですが、
トリックはワンアイデアで、しかも1,2行書かれた「おかしな」内容に
ちゃんと気づけるかどうか、というもの。
もう少しトリックを重ねたり、すごいどんでん返しを読みたかったです。
とくに第3話、核心に触れる展開までが長い。
下巻はギアチェンジしてくれるのかな?

出典:amazon

探偵が早すぎるの上巻の評価ですが、

amazonのレビューで評価を確認したところ

☆5が最高のところ平均3.6という数値になりました。

個人的な主観としては悪くはないのではないかなと思います。

ミステリー小説は内容が伴っていないと低い評価になりがちですからね。

探偵が早すぎる 下巻の評価・感想

次は下巻の感想を紹介します!

9点。この作者は外れがない。上巻よりちょっとスケールダウンした感があるが、それでも一級品でした。フーリンやうえおろとのコラボ、見たい。

出典:bookmeter

物語の終着点が思っていたのとは少々違い、さらにはほろり涙が流れていた…。しかし下巻のトリック過多(笑)毎度仕掛ける側から描いてトリック知ってるのに面白いってどういう事なの?笑 推理小説って事件発生ありきの概念だったけど、推理ものだしそこに分類しようとすると今まで名探偵と呼ばれてきた人たちの無能ぶりときたら…という事になり兼ねない(笑)中二感溢れる名前や人物像が最終的にはファンタジー感をもたらして、名探偵たちの体裁を守る形に上手くなった気がする笑

出典:bookmeter

探偵が早すぎるの下巻の評価ですが、

本のレビューをまとめたサイトであるブックメーカーさんを

今度は参考にさせていただきました。

下巻は上巻よりもさらにテンポが速く進むようで

最後のオチはどんでん返しが待っているそう。

気になった方は是非読んでみては?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「探偵が早すぎる」の原作小説について

感想や評価をまとめました。

ドラマではどういった展開でストーリーが進んでいくのか楽しみです。

【関連記事】

ドラマ「探偵が早すぎる」登場人物や相関図、あらすじや原作を紹介!

【探偵が早すぎる】ロケ地&撮影場所まとめ!エキストラ募集はある?

フラワーステップ(edda)の歌詞の意味や作曲者は?探偵が早すぎる主題歌

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ドラマ「探偵が早すぎる」文庫本の感想と評価についてまとめてみた! […]