正義のセ 原作ネタバレ!ドラマ最終回は裏切られた親友と共闘の末に・・

吉高由里子さん演じる、不器用な検事が仕事に恋に奮闘するドラマ!

「正義のセ」が2018年春ドラマとして放送されることが決定しました!

吉高由里子さんを主演に、阿川佐和子さんの小説である「正義のセ」が初の実写化!

ベストセラー作家でもある阿川さんの原作がドラマ化ということでも話題になっています。

4月11日に第1話が放送予定。

この記事では、気になっているであろうドラマ「正義のセ」の原作のネタバレ

についてわかる範囲で紹介していきたいと思います。

ドラマではどうなるかわかりませんが、ネタバレを含みますのでその点ご了承願います。

正義のセってどんなドラマ?

【ドラマ概要】

あの「東京タラレバ娘」の制作チームが再結集!

阿川佐和子さんのシリーズ小説「正義のセ」が初の実写化!

何事にも一生懸命な女検事の仕事・恋愛の生き様を描いた

ヒューマンドラマです。

・正義のセ 詳細 2018年春ドラマ

放送時間:日本テレビ 22:00~

キャスト:吉高由里子、三浦翔平、広瀬アリスetc

放送日:4月11日

原作:阿川佐和子/正義のセ

脚本:松田裕子 主な作品に「東京タラレバ娘」「ごくせん」など。

「聞く力」などで有名なベストセラー作家、阿川佐和子さんの小説である「正義のセ」

が吉高由里子さん主演で実写化!

あの「東京タラレバ娘」の制作チームが再結集し最高の作品を創ります。

何事にも一生懸命な女検事、竹村凜々子の仕事・恋愛の生き様を描いた

この季節にピッタリのヒューマンドラマになります。

正義のセ あらすじ

竹村凜々子(吉高由里子)は、この春、横浜地方検察庁港南支部に赴任した2年目の検事。正義感が強く、明るい性格で家族思い。東京の下町で豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)と暮らしている。検事1年目は大阪赴任だったため、恋人の優希(大野拓朗)とは遠距離恋愛になっていたが、「これからは仕事も恋愛も、両方きっちりやる!」と決意を新たにしていた。

港南支部には、支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、先輩検事の大塚(三浦翔平)徳永(塚地武雅)ら個性的なメンバーが揃っていた。そして、凜々子とバディを組む担当事務官に就いたのは、一癖ありそうなベテランの相原(安田顕)。早速、相原と共に取調べに臨む凜々子だったが、喜怒哀楽がすぐに出てしまう性格のため、ついつい被疑者に怒りを表したり、同情したり、乗せられたり…

出典:公式HP

スポンサーリンク

正義のセ 原作とネタバレ

まず、ドラマ「正義のセ」の原作ですが、

阿川佐和子さんの小説である「正義のセ」

が原作になっています。

出典:KADOKAWA

「聞く力」が大ベストセラーとなり、テレビタレントとしても活躍する

阿川佐和子さんのシリーズ小説「正義のセ」がついに実写化!

ドラマ「正義のセ」ネタバレ

※ここから先は原作コミックのネタバレを含みますので注意!

東京の下町で豆腐屋を営む家庭の長女として生まれた、凜々子(吉高由里子)

融通は利かないが、正義感が強く素直な人柄。

凜々子が検事を目指すきっかけとなったのは、小学生の頃に起きたある事がきっかけだった。

小学生の時に、凜々子のクラスに秋田からの転校生のあすかがやってくる。

方言が強く目立つため、クラス内であすかはいじめのターゲットになってしまう。

ただ、凜々子は生まれた場所と話し方が違うだけでなぜ標的になってしまうのか。

幼いながらに違和感を覚えた凜々子は、担任の先生に手紙を書くことに。

しかしなんと、担任の先生がその手紙を読み始めたのだ。

このことがきっかけで凜々子も変人扱いされ標的になってしまった。

あすかと、とても仲良くなっていた凜々子は

先生の配慮に欠ける行為に凜々子は激怒し、論理的に追求。そのときに先生に言われた

「竹村さんが犯人の取り調べをしたら、抜群にうまいんだろうな」という言葉、

そして実家の真向いのお店で強盗事件が起きたことで、凜々子は検事を目指すようになる。

月日は流れ、凜々子は司法試験に合格し晴れて検事になる。

未熟ながら交通事故、スキャンダル事件、ヤクザとの事件など色々な事件を経験し

検事としてキャリアを積み上げていったその矢先、転機となる「ある事件」が起こる。

その事件とは「強姦事件」である。

被疑者として挙がったのが岩本という38歳の男だった。

容疑は2人の女性に対する強姦の容疑である。1人目の女性の被害者は

レスリング選手の女性で、ある日帰宅すると被疑者の岩本であろう男が自宅にいて

襲われたとのこと。なんとか逃げ事なきを得るが、被害者の心には深い傷を負った。

2人目の女性の被害者はエリナという女性。彼氏の純二との結婚を控えていた。

事件当日、2人の住む部屋でエリナが夕飯を作っていたところ、玄関が開く。

だが、入ってきたのは彼氏の純二ではなく別の男だった。その男に襲われたのだ。

事件がきっかけでエリナは妊娠中の子供を流産してしまい、心に深い傷を負っていた。

同じくして純二も精神的ショックで、エリナのことを女性として愛することに抵抗を

感じるように。それを悟ったエリナは純二のために辛いながらも別れを告げるのであった。

事件の証拠として、被疑者のものと一致する靴の足跡が発見されたが、

岩本の身長の割に大きな足跡に違和感を抱く、が、

同じく性犯罪の被害を受けた経験のある凜々子は、その正義感から岩本を起訴に踏み切る。

しかし、この後岩本ではない真犯人が逮捕される。その人物が真犯人である証拠は十分で、

凜々子が岩本を起訴したのは冤罪になってしまった。

絶対に検事としてやってはいけないことをした凜々子は、大きなショックを受ける。

その時に、かつての親友、あすかが凜々子のもとに現れる。

あすかは夢だった新聞記者になっていた。思わぬ再開に喜ぶ凜々子。

そして今の凜々子の現状をあすかに相談する。あすかは親身に聞いてくれたが

翌日、凜々子の冤罪事件の記事が大々的に報道されてしまう。この記事を書いたのは

まぎれもなく親友だったはずのあすかだった。更に追い打ちをかけるように、

凜々子の妹、温子の決まっていた結婚がなくなってしまう。

このままでは家族に迷惑をかけると思った凜々子は、家を出ていくことに。

凜々子の冤罪をはじめから記事にするつもりで近づいていたあすか。

だが、彼女にも葛藤があった。東京に配属になってからというもの仕事が

うまくいかず、自信を失っていた。そんな時に上司が凜々子の冤罪の件を記事に

しろと持ちかけてきたのだった。現状を変えるためになくなく親友を裏切ったあすかは、

その後後悔の念にずっと苛まれていた。

そんな最中、凜々子が起訴した岩本が別の強姦事件に関わっている可能性が出てきた。

記者であるあすかも、その事件について調査していることを知り、あすかの思いを

感じ取る凜々子。

あすかと凜々子、2人が共闘した成果もあり、岩本から襲われたという女性との接触に成功。

岩本を強姦事件の容疑者として再度起訴することに。事件は違えど、凜々子は検事としての

仕事をこなしたのであった。妹の結婚話も凜々子の問題は関係なかったと知り、安心する。

かつての親友、あすかとも「朝日と夕日、どっちが好き?」というフレーズで仲直り。

その後、検事6年目を迎えた凜々子は神戸地検の尼崎支部に移動になる。

ここまでが原作の4巻になります!

ドラマ「正義のセ」最終回はどうなる?

原作、正義のセの小説は凜々子が転機となった事件が解決し、

神戸地検の尼崎支部に移動になり新たな事件に取り組むところまでが書かれています。

個人的な予想ですが、ドラマの最終回はこの大きな事件がクライマックスになると予想します。

岩本を再度起訴に踏み切り、親友のあすかとも仲直り。家庭の問題も解決して、

神戸地検の尼崎支部でまた新たに頑張ろう!!という形で最終回を迎えそう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらが原作コミックのネタバレになります。

原作のエピソードがそのまま描かれるのか、

それともオリジナルの結末になるのか・・・

どちらにせよ、ドラマ「正義のセ」の放送が楽しみですね!

【関連記事】

「正義のセ」主題歌は福山雅治の新曲「失敗学」に決定!発売日はいつ?PR動画あり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] 正義のセ 原作ネタバレ!ドラマ最終回は裏切られた親友と共闘の末に・・ […]