【世にも奇妙な物語】倉科カナ主演「少年」のあらすじやネタバレ、原作は?

2018年5月12日(土)に、大人気テレビ番組シリーズの

「世にも奇妙な物語’18春の特別編」が放送されました!

今回の世にも奇妙な物語’18春の特別編は面白いエピソードばかりだと

話題になっています!

そんな中でも、特に面白いと話題になった倉科カナさん主演の「少年」

この記事では、世にも奇妙な物語’18春の特別編で放送された

「少年」のあらすじや原作について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

世にも奇妙な物語2018春「少年」って?

・番組情報

世にも奇妙な物語’18春の特別編「少年」

2018年5月12日(土)午後9時~11時10分放送。

・少年 キャスト

主演、倉科カナ・・・岡林遥役
健太郎・・・青年役
高村佳偉人・・・少年役

「少年」で主演を務めるのは倉科カナさんです!

倉科さんは2012年に放送された「相席の恋人」以来2度目の出演になります。

この「相席の恋人」ですが世にも奇妙な物語シリーズ屈指の名作として有名です。

気になった方はご覧になってみては?

なので今作の少年も期待ですね!

世にも奇妙な物語 少年 あらすじ

上司に見合いを持ちかけられるも恋人がいるからと断ってきた一人暮らしのOL岡林遥(倉科カナ)は、とある交通事故を目撃してしまいます。被害者は少年。病院で目を覚ました少年は「田山啓輔」と名乗りますが、看護師が田山家に電話をかけると「啓輔は死にました」と告げられます。

看護師がもう一度名前を尋ねると少年は「間違えました。亮太です」と答えます。一方、家に帰った遥のもとには無言電話が…。

そんなある日、遥が退社しようとすると会社の前に少年がいるのを見かけます。別の日、ベランダから見下ろすと、そこに見上げている少年が…。

さらに遥が買い物をしていると、雨の中、わざわざ少年が忘れ物を届けにやってきました。びしょ濡れの姿を見かね、少年を家に招き入れる遙。ところが彼女が目を離した隙に少年は彼女の私物を確認し始め…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180501-i147.html

偶然出会う少年から、輪になるように奇跡の出来事が連鎖していく

ストーリーだそう。

物語のラストには少し心が動かされるヒューマンドラマになっているようです。

少年 原作とネタバレ

まず、「少年」の原作ですが、

オリジナルストーリーのため、原作はありません。

少年の脚本は、「僕の生きる道」シリーズや「フリーター、家を買う。」など名作を

世に生み出してきた脚本家の橋部敦子さんが担当しています。

ですので、相席の恋人に負けないくらいの名作に仕上がっているのではないでしょうか。

原作がないので詳細なネタバレは放送後追記したいと思います。

あくまで予想にはなりますが、過去に誰か大切な人を亡くした遥が

会いたいと願っているその人の想いが「少年」の霊となり現れた・・

といった感じでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、世にも奇妙な物語2018春「少年」

について紹介しました!

【関連記事】

世にも奇妙な物語2018春「明日へのワープ」の原作アイリウムの結末はどうなる?

乗換案内で城後波駅(世にも奇妙な物語)に行く方法!アクセスと都市伝説も紹介

白石麻衣フォロワー(世にも奇妙な物語)のあらすじやネタバレ、原作は?

ここまでご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント