小野宏(関学アメフト部コーチ)が会見で無双?その裏には意外な経歴が!

5月6日、アメフトの日本大学(日大)vs関西学院(関学)の定期戦で

日大のDL(ディフェンスライン)の選手が関学のQB(クォーターバック)の

奥野耕世選手に危険なタックルをしたことが世間の話題になっています。

日大の監督や宮川選手、奥野耕世選手の父、奥野康俊さんが記者会見をして、

さらには井上コーチや日大の保護者会が行われるなど

事態はどんどん大きくなっています。

この記事では、関学アメフトコーチ、ディレクターである

小野宏さんについて色々調べたので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

小野宏 プロフィール

出典:https://www.asahiculture.jp/kawanishi/course/73fa66a5-ced3-5b2c-6723-58f18fa7fe1b

・名前:小野宏(おの ひろむ)

・職業:関西学院総合企画部

・学歴:関西学院大学理学部(1984年卒業)

・経歴:卒業後、朝日新聞社の記者を経て1993年より関西学院に勤務

関西学院大学が5月17日に、2回目の記者会見を行いました。

その際に進行役の役割を果たしたのが小野宏さん。

関学アメフト部のコーチ、ディレクターでチームのマネジメントも担当しています。

ちなみに「ひろし」ではなく「ひろむ」と読みます。

記者会見の際に「説明が簡潔明瞭」「かなりのキレ者」と話題になっていた

小野宏さんですが、その裏には意外な経歴があることが判明しました!

小野宏さんの経歴について

小野宏さんのこれまでの経歴についてですが、

調べていくうちに興味深くなってきたので紹介します。

1984年、関西学院大学理学部を卒業したあと新卒で朝日新聞社に入社します。

朝日新聞社では記者として活躍していました。

その後、1993年からは関西学院大学の職員として勤務。

自身も昔アメフト選手だった縁から(ポジションはQB)

関学アメフト部のコーチになりました。

2005年、2006年にはアメフト日本代表のコーチも務めているので

アメフト界では優秀なコーチとして有名だったそう。

2013年より、現職の関西学院総合企画部でディレクターを務めています。

新聞社で記者として勤務してからの大学職員というルートは

あまりないのではないでしょうか?

フリーのジャーナリストになったり同じマスコミ関係に転職する人は

多い気がするのですが・・・

おそらく、小野宏さんは優秀な方なので関西学院大学のほうから

来てくれとお願いされたのではないかと思います!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、関学アメフトコーチ、ディレクターの、

小野宏さんについて紹介しました!

【関連記事】

井上奨コーチ(日大アメフト)の画像や性格は?会見で宮川泰介選手が語る!

奥野康俊の市議会議員としての評判は?関学アメフトQB奥野耕世の父

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント