きみが心に棲みついた 2話ネタバレ はたして星名から卒業できたのか!?

2018年1月23日(火)にドラマ「きみが心に棲みついた」の2話が放送されました!

放送前から吉岡里帆さん、桐谷健太さん、向井理さんなど豪華キャストということで

話題になっていたドラマですが、前回の放送が面白いと評判だったこともあり2話も期待でした。

きみが心に棲みついた 主題歌、原作、キャスト、あらすじは?【2018年冬ドラマ】

【ドラマの概要】

吉岡里帆さん演じる「キョド子」と桐谷健太と向井理、2人の男性の間で揺れる

三角関係を繰り広げるラブストーリーを描くドラマ「きみが心に棲みついた」

そして第2話では、前回の最後でキョド子が「私、星名さんから卒業します」宣言。

はたして本当に今日子は星名から卒業出来るのか!

スポンサーリンク

きみが心に棲みついた 2話 ネタバレ あらすじ

星名(向井)が指揮をとる新プロジェクトに配属された今日子(吉岡)だが、

また星名が何かしてくるのではないかと不安に駆られる。

そんな中、吉崎(桐谷)が取材で会社を訪れると聞いた今日子はウキウキ。

そしてその勢いで星名にプライベートで関わるつもりはないと一蹴した。

それから数日後、星名の歓迎会に今日子は「仕事として」出席した。

だが、歓迎会で同期の飯田(石橋杏奈)と星名が親しげにしてるのを見て今日子は嫉妬してしまう。

帰りに酔った飯田をタクシーで星名が送ろうとするも、

今日子が「他の人に優しくしないで」と星名と飯田の乗ったタクシーを追いかける。

雨にずぶ濡れになりながら、その足で吉崎と待ち合わせしていたファミレスに向かうも

星名から卒業出来ない自分に嫌気が差し、逃げるようにその場を立ち去っていく今日子だった・・・

結局、宣言したものの星名から卒業出来なかった今日子。

3話はどんな展開になるのでしょうか。

きみが心に棲みついた 3話 あらすじ

目の前でずぶ濡れになりながら逃げだした今日子を吉崎は心配する。

だが、星名からは離れられないと気付いた今日子は吉崎と上手く話すことが出来ない。

そんな時、今日子たちのチームの新作発表会が行われる。

この新作発表会で星名は今日子に対し、「あること」を企んでいたのだった・・・

「歩かなきゃ・・・あの人のために。」

きみが心に棲みついた 詳細 2018年冬ドラマ

・放送時間:TBS 火曜22:00~21:54 毎週火曜10時放送!

・放送日:2018年1月16日

・主演:吉岡里帆

・主題歌:E-girls「Pain, pain」

・ドラマの原作:きみが心に棲みついた/天堂きりん

・企画制作:TBS系

・脚本:吉澤智子

きみが心に棲みついた 3話は1月30日放送!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ