きみが心に棲みついた 3話ネタバレ&4話予告 吉岡里帆のランウェイ姿が話題沸騰!

2018年1月31日(火)にドラマ「きみが心に棲みついた」の3話が放送されました!

放送前から吉岡里帆さん、桐谷健太さん、向井理さんなど豪華キャストということで

話題になっていたドラマですが、前回の放送が面白いと評判だったこともあり3話も期待でした。

~前回までのお話はこちら~

きみが心に棲みついた 主題歌、原作、キャスト、あらすじは?【2018年冬ドラマ】

きみが心に棲みついた 2話ネタバレ はたして星名から卒業できたのか!?

【ドラマの概要】

吉岡里帆さん演じる「キョド子」と桐谷健太と向井理、2人の男性の間で揺れる

三角関係を繰り広げるラブストーリーを描くドラマ「きみが心に棲みついた」

そして第3話では、キョド子が「私、星名さんのためなら・・・」と

新作披露会のランウェイへ!?

果たして今日子は本当に行くのか、それを見た吉崎はどうする!?

スポンサーリンク

きみが心に棲みついた 3話 ネタバレ あらすじ

約束をすっぽかして逃げた今日子(吉岡)に翌日、吉崎からメールが届く。

ごめんなさいと謝る今日子。吉崎(桐谷)は本当に悪いと思っているのかと問いただす。

そんな中、星名(向井)が新作は社内で一つのチームだけしか出さないと言い社内はピリピリ。

そんな今日子に追い打ちをかけるように同期の飯田(石橋杏奈)が昨日星名さんと一緒に泊まったと言い放つ。

星名との過去のこともあり、離れたくても離れてくれないもどかしさに苦しむ今日子。

そして新作発表会の日、星名は今日子に新作の下着をてわたし、

「これをつけてランウェイを歩け」と今日子に命じる。

嫌がる今日子だが、星名から言われた「俺の為に生きる」という言葉が頭から離れず・・・

結果、今日子は星名に言われるがままランウェイを歩いてしまう。

だが、会場からの冷ややかな視線に耐え兼ね動けなくなってしまった。

それを見た吉崎たちが突然ステージに上がり、

鈴木先生とともにマイクパフォーマンスをする。

その隙に今日子を舞台から降ろして助けた吉崎。

展示会が終わり、吉崎は今日子を心配し話しかけるも「私にはもう関わらないで」と言われてしまう。

会社に戻った今日子は星名が飯田に合鍵を渡すところを目撃し、

私が何をしても振り向いてくれないとショックを受ける。

星名が自宅に帰ると、「母が出所するので今後のことを話したい」という手紙が届いていた。

過去のことを思い出す星名。

そして今日子は帰り道、歩いていると吉崎と元カノの映美がキスする場面を目撃。

4話はどんな展開になるのでしょうか。

きみが心に棲みついた 4話 あらすじ

ランウェイを歩いた翌日、星名から優しくされ喜ぶ今日子。

だが、星名が今日子をプロジェクトから外そうとしているという噂を聞く。

同じころ、吉崎は元カノといるところを今日子に見られたことをきっかけに

今日子への気持ちに気づきはじめるが・・・

きみが心に棲みついた 詳細 2018年冬ドラマ

・放送時間:TBS 火曜22:00~21:54 毎週火曜10時放送!

・放送日:2018年1月16日

・主演:吉岡里帆

・主題歌:E-girls「Pain, pain」

・ドラマの原作:きみが心に棲みついた/天堂きりん

・企画制作:TBS系

・脚本:吉澤智子

きみが心に棲みついた 4話は2月6日放送!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ