【花のち晴れ7話】あらすじネタバレ!英徳狩りに襲われた音の運命は?

2018年4月17日(火)夜22時よりスタートした新ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』

杉咲花さんを主演に、神尾葉子さんのコミックである「花のち晴れ~花男 Next Season~」が初の実写化!

2005年に放送され大ヒットとなった「花より男子」の待望の続編ということでも話題になっています。

そして、2018年5月29日(火)にドラマ「花のち晴れ」の7話が放送されました!

この記事では、ドラマ「花のち晴れ」7話のあらすじ、ネタバレ

について紹介していきたいと思います。

花のち晴れってどんなドラマ?

【ドラマ概要】

2005年に放送され大ヒットとなった「花より男子」の待望の続編!!

F4が卒業して、落ち目となった英徳学園の10年後を描きます。

・花のち晴れ 詳細 2018年春ドラマ

放送時間:TBS 22:00~

キャスト:杉咲花、平野紫耀(king&Prince)、中川大志 etc・・

放送日:4月17日

原作:神尾葉子/花のち晴れ

脚本:吉田恵里香  主な作品に「恋するイヴ」など。

2005年に放送され大ヒットとなった「花より男子」の待望の続編になります。

F4と牧野つくしが卒業、その後結婚(花より男子ファイナル)した、10年後の

英徳学園の世界が花のち晴れでは描かれます。

スポンサーリンク

花のち晴れ7話 あらすじネタバレ

花のち晴れ 7話のあらすじですが、原作通りいくのであれば、

遊園地での音&晴&天馬&めぐりんのWデートから少したったある日

英徳学園の生徒が襲われる「英徳狩り」が横行しはじめる。

なぜ英徳学園の生徒が襲われるのかは不明で、恐怖に怯える

英徳学園の生徒たち。それは音も例外ではなく、

「英徳狩り」の犯人とみられる不良たちから襲われてしまう音。

天馬が通う桃乃園学院の副会長・近衛仁に助けられ無事だったのだが

音を心配する天馬は「桃乃園学院に転校しないか?」と提案する。

音は転校のことを母に相談するも、英徳学園に入れるのが夢だったと断られてしまう。

音を助けた天馬の右腕的存在、近衛仁は音をどうにか桃乃園学院に転校させるため、

制服を送る。音が「転入はできない」制服を返しに行くと

そこには衝撃の展開が・・・

物語のキーになる近衛仁(嘉島陸)って?

花のち晴れ 近衛仁(このえ じん)役の嘉島陸さん。

元々は子役として活躍していたそう。

名前:嘉島陸(かしま りく)

生年月日:1998年11月12日

年齢:19歳(2018年5月現在)

出身地:沖縄県

血液型:O型

天馬が通う桃乃園学院の副会長・近衛仁。

昔に自身の窮地を天馬に助けられて以来、天馬を慕っている。

その思いが強すぎるために、予想もしない行動に出るという役どころです。

今後の物語のキーになっていくだろうと思いますので

近衛仁役の嘉島陸さんから目が離せません!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は花のち晴れ7話と近衛仁役の嘉島陸さんについて紹介しました!

【関連記事】

ドラマ「花のち晴れ」主題歌については、以下の記事で詳しく書いています。

King&Prince(キンプリ)/シンデレラガール 発売日と特典まとめ 花のち晴れ 主題歌

原作ネタバレについてはこちら

花のち晴れ原作ネタバレ!ドラマ最終回は漫画とは違う結末になる?

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ