ハゲタカはモデルとなった人物がいた?モデルになった会社も合わせて紹介!

2018年7月19日から放送がスタートする綾野剛さんの主演ドラマ

「ハゲタカ」が2018年夏ドラマとして放送されることが決定しました!

真山仁さんの人気小説が待望のドラマ化ということで話題になっています。

7月19日に第1話が放送予定

この記事では、気になっているであろうドラマ「ハゲタカ」のモデルとなった

「人物」や「事件」について紹介していきたいと思います!

ハゲタカってどんなドラマ?

【ドラマの概要】

真山仁さんの人気小説が待望の実写ドラマ化!

外資ファンドで代表を務める主人公、鷲津政彦が批判の声もあるなかで

経営不振になった企業や倒産寸前の企業などを買収していくビジネスドラマ。

放送時間:テレビ朝日 木曜21:00分から

キャスト:綾野剛、渡部篤郎、池内博之、杉本哲太、光石研、小林薫etc・・

放送日:7月13日放送予定

原作:真山仁/ハゲタカ

脚本:古家和尚

スポンサーリンク

ドラマ「ハゲタカ」のモデルになった人物は?

真山仁さんの人気小説が待望の実写化された

ドラマ「ハゲタカ」ですがモデルとなった人物が存在することが判明。

その人物について調べてみました!

まずは、ハゲタカの主人公である鷲津政彦。

外資系企業の代表であり、経営不振になった企業や

倒産寸前の企業などを買収していく企業買収のスペシャリストです。

この人物のモデルは、インテグラル代表取締役の佐山展生氏だと言われている。

左が佐山展生さんです。

佐山展生さんはエンジニアとしてビジネスマンのキャリアをスタートさせ、

33歳のときに三井住友銀行へ転職し、企業を再建するM&Aの仕事に従事。

M&Aでは数々の企業の統合を手掛け、激動のM&A業界を生きている。

現在はインテグラルの代表として忙しく奮闘する日々を送っているらしい。

ハゲタカのモデルになった会社や出来事は?

ハゲタカにはモデルとなった会社や出来事があると言われています。

ドラマはオリジナルストーリーになるらしいので

描かれるかどうかはわかりませんが、紹介していきたいと思います。

  • 三葉銀行・・・三和銀行
  • ミカドホテル・・・金谷ホテル
  • 太陽製菓・・・東ハト
  • 足助銀行・・・足利銀行
  • 鈴紡・・・カネボウ
  • 月華・・・花王
  • シャイン・・・キヤノン
  • 曙電機・・・日本の大手電機8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、NEC、富士通)

こちらがハゲタカでも登場するモデルとなった会社です。

大手企業や有名企業ばかりなので知っている会社ばかりではないでしょうか。

モデルとなった出来事ですが、

  1. 1998年に起きた日本信用債権銀行が金融再生法により一時的に国有化されソフトバンクやオリックスなど投資グループに売却された後、あおぞら銀行として再建した事件
  2. ライブドアの代表、ホリエモンこと堀江貴文氏がインサイダー取引などの容疑で逮捕された事件

この2つの事件は原作にも登場しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ドラマ「ハゲタカ」のモデルになった

人物や会社、事件について紹介しました。

【関連記事】

佐倉絵麻の大学はどこ?ハゲタカでブレイク期待女優は元モデルだった?

SINGLES(ミスチル)歌詞の意味やMV、発売日は?ドラマハゲタカ主題歌

ドラマ「ハゲタカ」ロケ地&撮影場所まとめ!綾野剛や沢尻エリカの目撃情報も

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ