ブラックペアン原作ネタバレ!タイトルに隠された意味が衝撃的だった

嵐、二宮が日曜劇場に初登場。

「ブラックペアン」が2018年春ドラマとして放送されることが決定しました!

二宮和也さんを主演に、海堂尊さんの書籍「ブラックペアン」が初の実写化!

過去の医療の名作の実写化ということでも話題になっています。

4月22日に第1話が放送。

この記事では、気になっているであろうドラマ「ブラックペアン」の原作のネタバレ

についてわかる範囲で紹介していきたいと思います。

ドラマではどうなるかわかりませんが、ネタバレを含みますのでその点ご了承願います。

ブラックペアンってどんなドラマ?

【ドラマの概要】

嵐、二宮が日曜劇場に初登場。

天才外科医だが性格に難ありで常に周りとの亀裂を生み出す、「オペ室の悪魔」を演じる。

外科医としてのプライドをかけ、渡海が嫉妬渦巻く大学病院と医師の腕を必要としない新技術の不正を暴いていく、医療エンタテインメントドラマ!

・ブラックペアン 詳細 2018年春ドラマ

放送時間:TBS 21:00~

キャスト:二宮和也(嵐)、竹内涼真、葵わかなetc・・

放送日:4月22日

原作:海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)

脚本:丑尾健太郎 主な作品に「小さな巨人」など。

あの有名な、チームバチスタの栄光を書かれている海堂先生の作品です。

時系列的には、チームバチスタの前のストーリーということになります。

ブラックペアン あらすじ

天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海 征司郎。大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医である一方、その傲慢な性格と言動が周囲との軋轢を常に生んでいる。

同僚からは「患者を生かし、医者を殺す」と評される、通称“オペ室の悪魔”。そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。

そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく

出典:公式HP

スポンサーリンク

ブラックペアン 原作とネタバレ

ドラマ「ブラックペアン」の原作ですが、

海堂 尊「新装版 ブラックペアン1988」が原作になっています。

出典:Amazon

※ここから先は原作コミックのネタバレを含みますので注意!

【関連記事】

ドラマ【ブラックペアン】ロケ地&撮影場所まとめ!アクセスも紹介!

「ブラックペアン」というタイトルに込められた意味は?

このドラマのタイトルであるブラックペアン。

この「ブラックペアン」とは何か気になった方も多いのではないでしょうか?

筆者もそのうちの一人だったので、調べてみたところ、

ドラマのネタバレにも繋がる意味と事実が判明しました。

「ブラック」は英語で黒という意味なのはみなさんご存じの通りかと思います。

問題は「ペアン」って何なのだろうか?

スペルはペアン(pean)で、意味は「感謝・喜びの歌」

「賞賛する正式な表現」と出てきました。

だが、これでは黒の感謝?歌?黒の賞賛ってどういうことだろう?

と意味不明ですね。

実は、ここでのペアンというのは別の意味だったのです。

その別の意味とは、医療器具として使われるペアンでした。

出典:http://www.kakinumamedical.com/products/forceps_02_p.htm

つまり、ブラックペアンとは医療器具として使用されるペアンの

黒い色をしたものということになります。

これが今後のネタバレになってしまう大きな意味を持つことになるのです・・・

ブラックペアンの結末ネタバレ

物語の舞台となるのは1988年の東城大学医学部付属病院

(チームバチスタと同じ舞台)

ドラマでは二宮さん演じる渡海征司郎が主人公なのに対し、

原作では竹内さん演じる世良雅志が主人公になっています。

まずは、簡単に登場人物の紹介を。

・世良雅志・・・新人外科医で患者に寄り添う熱血漢。

・渡海征司郎・・・「オペ室の悪魔」と呼ばれる人格の持ち主だが天才的なセンスがある。

・佐伯清剛・・・東城大学医学部付属病院、総合外科のトップ

・高階権太・・・新しく赴任した医師。古く悪しき医療システムを改めたいと考えている。

この「ブラックペアン」最終回で迎える結末ですが、

17年前に、渡海の父親である渡海一郎が、同僚であった佐伯清剛がおこした

ペアンを体内に残すという医療ミスの尻拭いで別の病院に飛ばされてしまった。

その失意の中で渡海一郎は亡くなり、当時医学生だった征司郎は佐伯に復讐を誓う。

だが、佐伯が手術したこの件は決して医療ミスなどではなかった。

どうしても必要な処置だったのだ。

それを知らず、ペアンが体内に残っている患者、飯沼のペアンを取り出す手術をする

征司郎だったが取り出した途端、大量の出血が・・・

そこに、佐伯が現れ、自分専用の黒いペアン「ブラックペアン」

飯沼の身体に沈め出血を止めたのである。

佐伯が持っていた「ブラックペアン」は特別なカーボン製であり、レントゲンにも写らず、火葬すれば一緒に燃える。

佐伯が「同じ事態をを繰り返さないためにと常備していた、まさに「後悔の証」ともいえる特注品だった。

そして、佐伯がこの騒動の責任を取って病院を辞めると言い出す。

すると渡海が、「こんなくだらないところは、こっちの方からおさらばだ」

と宣言し手術室を出ていく。

自分のやったことの責任は自分自身でという彼なりのけじめだった。

最後のシーンで、渡海が世良に、

世良、立派な外科医になれよ」

と言い残し病院を去っていくところで終わるのである。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こちらが原作のネタバレになります。

原作のエピソードがそのまま描かれるのか、

それともオリジナルの結末になるのか・・・

どちらにせよ、ドラマ「ブラックペアン」の放送を楽しみにしましょう!

【関連記事】

ブラックペアン主題歌は嵐ではなく小田和正「この道を」に決定!その理由は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ