アンナチュラル 窪田正孝(久部)の正体が判明!? 2話あらすじ&感想

2018年1月19日(金)にドラマ「アンナチュラル」の2話が放送されました!

放送前から豪華キャストと「逃げ恥」の脚本家が手掛けるということで

話題になっていたドラマですが、第1話が好評価だったこともあり2話も期待でした。

なんと、2話ではUDIラボの窪田正孝(久部六郎)がネズミだったことが判明!

それではアンナチュラル、2話のあらすじを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アンナチュラル 2話 あらすじ

1話の最後で彼氏と別れた三澄ミコト(石原さとみ)

一方、久部六郎(窪田正孝)はミコトの本名が「三澄」ではなく「雨宮」で

むかし浦和市一家4人が無理心中をした事件の生き残った長女であり、院長の妹の養子だったというミコトの秘密を知ってしまう。

2話は、彼女らUDIラボのメンバーが、練炭による一家心中事件の現場へと向かう。

警察の捜査ではただの練炭による一家心中事件のつもりが、実は家族でもなんでもなくインターネットで知り合った他人だったことが判明する。

行方不明になっていた女子高生、花の親がかけつけるも花(松村沙友理)ではなく別人だと言う。

そしてさらに一人の少女(ミケ)だけ死因が凍死であることがわかり、胃のなかから

「ユキオトコノイタスケテ 花」

という謎のメモが発見される。事件性を疑うミコトだったが警察が真剣に捜査してくれないことにいらだちを覚える。

ミケの解剖を進め調査していくなかで最後の食事だったシカ肉の調査をしているさいに、怪しいトラックを発見するミコトと久部。

そのトラックのなかで「雪という名前の男の家に、行方不明の花ちゃんがいる」という

「ユキオトコノイタスケテ 花」

のメッセージの意味に気付く。

しかし、ここで犯人によってミコトと久部の乗ったトラックが海に落とされてしまう。

絶体絶命のミコトと久部だったが中堂のおかげでなんとか救助される。

花(松村沙友理)も無事助けることが出来て事件は解決したのであった。

そして物語の最後に、

窪田正孝(久部六郎)が編集者から送られたネズミだったことが判明

そして3話へ・・・

アンナチュラル 2話 感想

個人的な感想にはなりますが、今回も話の密度と展開が素晴らしかったと思いました!

トラックに閉じ込められたシーンは助かるとわかっていながらもハラハラしました。

窪田正孝演じる久部がネズミだったのは衝撃でしたね・・・

次回は3話は裁判回みたいで今から法廷に立つミコトが楽しみですね!

アンナチュラル 3話は1月26日放送!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. […] アンナチュラル 窪田正孝(久部)の正体が判明!? 2話あらすじ&感想 […]

  2. […] アンナチュラル 窪田正孝(久部)の正体が判明!? 2話あらすじ&感想 […]